リードジェネレーション

マーケティングオートメーションでは具体的に何ができるのか、大きく4つの業務があります。

一つ目は見込み客の創出、リードジェネレーションといわれるものです。これは従来リスト収集や獲得と呼ばれていた業務になります。見込み客、つまりその会社の製品やサービスに興味をしめし将来の顧客になりうる可能性の人を指します。その見込み顧客を増やすことを意味しています。

どうやって見込み顧客を増やすのでしょうか。アプローチする方法としてオフラインとオンラインの二つがあります。オフラインの代表的なもとといえば展示会の来訪やセミナーの登録などがあります。展示会での来訪者に記念品やアンケートと引き換えに獲得したり展示会などでは名刺交換もリードの獲得になります。

オンラインのほうではウェブからの問い合わせや資料請求、メルマガへの登録の際に連絡先などの情報をフォームに入力してもらいリード情報を獲得しています。そのほかにも会員登録を保有しているユーザーに対してメールや記事などの広告を出稿し純広告などで問い合わせを獲得する方法やウェブサイトでの検索エンジンを経由してユーザーを集客することで資料請求などを問い合わせフォームに登録したリードの情報を獲得する方法もあります。

このような方法をするのには膨大な時間とコストがかかってしまいますが、それをマーケティングオートメーションにすることにより業務の効率化が可能になります。