マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションという言葉を耳にしたことがありますか。なんとなく聞いたことがありという人もいるかもしれません。マーケティングの先進国であるアメリカなどは一般的になっていますが、日本ではまだ普及し始めたばかりでどんなものかわからない人も多いでしょう。

マーケティングオートメーションというのは、企業のマーケティング活動にて本来なら人が繰り返し実施していた業務や営業、また人がする作業では膨大な時間とコストがかかってしまう処理などを自動化にし、効率を高める仕組みやそのような自動化を実現してくれるソフトウェアのことを言います。要はリードと呼ばれる見込み顧客の獲得から営業へ引き渡すまでのマーケティング業務を、ツールを用いて管理して、最適化する施策になります。

一般的に企業のマーケティング担当やウェブ担当の方は、まず、会社の資料を作り、ダイレクトメールを打ったりセミナーを手配したり、またメルマガを打ちステップメールも送信したり、様々な業務をこなさなければなりません。このように人の手によりまわされてきた毎日繰り返し行われるプロセスを自動化にすることにより業務効率化を上げるだけではなく、一人ひとりに合わせて情報を提供することができるようになったのです。

そのマーケティングオートメーションを導入するにあたり、様々なメリットが生まれます。そのメリットとは何か、何をしてくれるのかがよくわからない人もいるでしょう。そのメリットについてご説明いたします。